1. トップ
  2. 転入・編入したい方

転入・編入したい方

始めたい時に始めるのが吉

通信制高校はもともと、さまざまな事情で全日制高校に進学できなかった生徒や、中退した生徒の学習意欲を応援するための学校と言っても過言ではありません。そのため、生徒の受け入れは全日制高校などよりもフレキシブルになっています。

新入学は4月、10月に募集が行われることが多いようですが、現在、高校に在籍している人の「転入」、すでに中退している人の「編入」については、随時受け付けている学校も少なくありません。「高校で勉強しよう!」という意欲が高まっている時が、学習を開始すべきベストなタイミング。転入、編入の方が通信制高校進学を考える際には、できるだけ早く勉強を開始できるよう、「入学の時期」を重視すると良いでしょう。

また、現在高校に通っている人は、通信制高校への移動について具体的に決まるまでは、現状維持をお勧めします。中退の手続きをしてから通信制高校に「編入」するよりも、「転入」という形にする方が容易なケースが多いからです。転入はいわば「転校」ですから、ブランクも生じません。現在高校在学中で通信制高校への進路変更を考えている人には、「すぐにでも今の学校をやめたい」と考えているケースも良く見られますが、経済的な理由で退学を急いでいる場合以外は、転入先を決めるまで、退学手続きをとるのは見合わせることをお勧めします。

通信制高校卒業後の進路から考える

通信制高校の選択で次に考えたいのは「進路」です。卒業後には就職したいのか、大学や専門学校などに就職したいのかにより、候補として考えるべき学校が変わって来るからです。たとえば通信制高校卒業後、すぐに就職したいのであれば、専門技術も同時に学べる通信制高校を選択すると有利でしょう。最近は専門学校と提携し、通信制高校で学びながら同時に美容師や調理師、声優などになるための勉強ができる所もありますし、商業、工業の専門知識を身に付けられるシステムもあります。そういう選択肢の有無から、通信制高校やサポート校を検討すると良いでしょう。

また、大学進学を考えている人は、通信制高校で学びながら受験対策も行えるサポート校を選択すると、効率良く学習が行えます。サポート校は通信制高校での学習を支援する学校ですが、大学受験や海外留学も視野に入れ、総合的にバックアップしてくれる所も少なくありません。通信制高校に通いながら、さらに予備校や塾に通う、という手間も無くなり、高校の勉強も受験対策も万全となる頼もしい味方です。

なお、将来的に通信制高校から全日制高校に移りたい、という希望のある方は、通信制と全日制が併設されており、通信制からの転籍が可能な学校を選ぶと良いでしょう。

通信制高校ランキング

全国通信制高校検索

ミスタースタディのひとり言

あなたにピッタリの通信制高校&サポート校が解る ピッタリ診断

通信制高校8社に資料請求してみました! 各社のサービス詳細をまとめて比較

様々なギモンを解決!よくある質問

↑ページトップへ