1. トップ
  2. 社会人の方

社会人の方

ブランクが気になるのは自分だけじゃない

社会人の方が通信制高校を選ぶ場合、最も気になるのはブランクではないでしょうか。学校を離れて年月が経っていればいるほど、「学習内容を理解できるのだろうか」「仕事との両立は難しいかもしれない」「年下の『同級生』と顔を合わせるのは恥ずかしい」等々、さまざまな不安が湧き上がって来るものです。実際のところその結果、どの高校を選ぶかという問題以前に、入学そのものをためらってしまうケースも少なくありません。

ですが、こうした不安を解消することは十分に可能です。ブランクがあって、独習に不安がある場合には、通信制高校とサポート校を併用することをお勧めします。卒業のために取得する必要のある単位が非常に少ない、一人で単位取得をクリアできる自信がある、という方以外は、サポート校を利用する方が、効率良く、短期間で卒業できることは間違いないからです。

仕事と両立可能なカリキュラムかどうかがポイント

その場合、気になるのがサポート校への通学でしょう。仕事が不規則で、週によって通学できる曜日や時間帯が異なる、空けられるのは早朝だけ、日曜日にしか時間が取れないなど、様々な事情を抱えた方が大勢います。そのため、サポート校の中にはインターネットを介した授業を行うところ、生徒の都合に合わせて早朝や深夜、休日にも授業を行ってくれるところがあります。自分から学校まで出向かなくても、先生の方が家に来てくれる学校もありますから、自分のライフスタイルに合った学校を選ぶことができるはずです。

また社会人の中には、「年下の『同級生』と顔を合わせるのは恥ずかしい」という以外にも、「高校卒業のための勉強をしていることを、誰にも知られたくない」という方も珍しくありません。その場合は、他の生徒と机を並べて学習する必要のない、個別指導のサポート校がお勧めです。

高校生としての勉強に不安を感じる社会人は、あなた一人ではありません。皆さんがそれぞれに、同じ様な不安を抱えているものです。だからこそ、社会人のニーズを押さえたカリキュラムやサポート体制を用意している学校も、確実に存在しています。「どこまでワガママを聞いてもらえるか」という観点から、自分にとってベストな学校を選びましょう。

通信制高校ランキング

全国通信制高校検索

ミスタースタディのひとり言

あなたにピッタリの通信制高校&サポート校が解る ピッタリ診断

通信制高校8社に資料請求してみました! 各社のサービス詳細をまとめて比較

様々なギモンを解決!よくある質問

↑ページトップへ