1. トップ
  2. 通信制高校選びのポイント
  3. 通信制高校とサポート校の違い

通信制高校とサポート校の違い

通信制高校とサポート校

通信制高校とサポート校には、学校教育法で「高等学校」と認定されているか、いないか、という違いがあります。通信制高校は文字通り「高校」ですが、サポート校は異なるため、単独では高校卒業資格を得ることはできません。

サポート校の役割は、通信制高校に在籍する人が必要最小限の時間で卒業できるよう、支援することにあります。通信制高校は、自分のペースで勉強ができる反面、学習のペースが作れなかったり、思うように学習内容が理解できなかったり、レポートをどのように書いて良いか分からなかったり、といった問題も起こりがちです。このような部分をバックアップしてくれるのがサポート校なのです。

サポート校選びが卒業へのカギ

ですから、まったく一人で頑張れる人は別として、たいていの場合、高校をきちんと短期間で卒業できるかどうかは、どの通信制高校を選ぶか、ということよりも、むしろサポート校の選び方で決まるという側面があります。サポート校はたいていの場合、通信制高校と提携しています。ですから、一対一で指導してくれる、勉強以外の悩みや将来の進路について相談に乗ってくれるなど、まずは支援内容が充実したサポート校を選び、その上で提携の通信制高校に入学する、といった手順で進路を考えてみても良いでしょう。

また、サポート校では先生やカウンセラーなどと密接に関わることになるので、人と接することに抵抗のある人は、校風やスタッフの人柄、所属している生徒の雰囲気、通いやすい場所かどうか、といったことも検討しましょう。中にはインターネット授業や、先生の方から出向いてくれるなど、学校に通わなくても済むシステムが用意されているサポート校もあります。

  メリット デメリット
通信制高校
  • 自一人で勉強できる。
  • 学校によっては年に数日しか登校の必要が無い。
  • 公立を選べば学費が安い。
  • 分からないところがあっても解決しにくい。
  • 学習のペースが作りにくい。
  • サボるのが簡単。
  • 友だちができない。
サポート校
  • 先生が指導してくれる。
  • 大学受験など、卒業後を視野に入れた指導も受けられる。
  • 学習のペースを管理してもらえるので脱落しにくい。
  • 同じ目標を持つ仲間を作りやすい。
  • キャンパスライフが楽しめる。
  • 一般に通学の必要がある。
  • 通信制高校とは別に授業料が必要。

通信制高校ランキング

全国通信制高校検索

ミスタースタディのひとり言

あなたにピッタリの通信制高校&サポート校が解る ピッタリ診断

通信制高校8社に資料請求してみました! 各社のサービス詳細をまとめて比較

様々なギモンを解決!よくある質問

↑ページトップへ