1. トップ
  2. 通信制高校選びのポイント
  3. 高校卒業か高卒認定試験合格か

高校卒業か高卒認定試験合格か

「高校卒業」以外にも拓ける将来への最短距離

通信制高校を考える際には、まず「何故高校を卒業したいのか?」ということを問い直してみる必要があります。大学などへの進学や資格取得が目標なのであれば、なにも「高校卒業」を目指す必要はありません。高校を卒業した人と同等以上の学力があることを認定する「高卒認定試験」に合格すれば良いのです。

高卒認定試験は以前の「大検」に代わって登場したもので、国が実施する国家試験です。これに合格すれば、大学や専門学校などへの進学はもちろん、地方公務員などの受験資格を得ることもできます。もちろん高卒認定試験に合格しただけでは、受験資格を満たさない資格試験も存在しますが、認定試験を経て大学などの高等教育機関を卒業すれば、そうした制約もなくなります。

高校を卒業するには、最低3年間の修学が必要ですが、高卒認定試験の場合、1年未満で必要単位を取得することも可能です。就職にしろ、進学にしろ、早く次のステップに進みたいという人にとっては、高卒認定試験の方がお勧めと言えるでしょう。

高卒認定試験にはデメリットもある

ただし、高校卒業よりも不利な点もあります。上記のように、高卒認定試験に合格しただけでは、受験できない資格もありますし、また、就職についても、不利になる可能性があることは事実です。国が企業に対して、高卒認定試験合格者と高校卒業者とを同等に取り扱うよう働きかけていますが、このような働きかけが必要であることが、評価に格差があることを示しているとも言えます。

「3年かけて高校を卒業した」という労力が、現在の日本で高く評価されていることは事実。集団生活の中で他者と協調できることの、証拠と考えられているのかもしれません。ですから、まずは「さらなる進学を目指している場合は高卒認定試験を目指す」「就職を考えている場合は高校卒業を目指す」ということをベースに、どのような選択が最良の将来設計に繋がるのか考えてみて下さい。

  メリット デメリット
高校卒業
  • 高校卒業資格が得られる。
  • 通学する必要のある日数、回数が少ない。
  • 高校卒業に必要な単位をすべて習得する必要がある。
  • 卒業までに最低で3年かかる。
高卒認定試験
  • 最低8科目に合格すれば資格が得られる。
  • 高校中退者の取得単位、大検での合格科目は免除となる。
  • 状況により1年未満で資格が得られる。
  • 高校卒業資格は得られない。
  • 進学ではなく就職を目指す場合、不利になる可能性がある。
  • 試験形式のためブランクのある人ほど独学は難しい。

通信制高校ランキング

全国通信制高校検索

ミスタースタディのひとり言

あなたにピッタリの通信制高校&サポート校が解る ピッタリ診断

通信制高校8社に資料請求してみました! 各社のサービス詳細をまとめて比較

様々なギモンを解決!よくある質問

↑ページトップへ